HOME>注目記事>欧米の食習慣の影響が日本特有の食習慣を変えた
青汁

何故野菜が嫌いが増えたのか

野菜嫌いと言う子供が多くなっていると言われます。食に関する考え方や生活習慣が大きく変わって来たこともあり、野菜を直接食べると言う機会が少なくなっていることもキライと言う人が多くなっていると思われます。日本人は本来、食習慣として穀物・野菜と魚を主として来た人種ですが、欧米文化が入って来るようになり肉や加工品中心の食へと変わって来ています。特に働くお母さんが増えたこともあり、朝食にはパンと牛乳と言った簡単な食で済ます傾向にあることも、野菜摂取不足の要因となっているようです。そこで何故野菜不足では困るのかと言うことを知る必要が出て来ます。人の体は自身で作ることの出来る栄養素と作ることの出来ない栄養素があると知っておきましょう。

体内で作ることの出来ない栄養素を知る

野菜不足によって起こる栄養素が、ビタミンAであり、ビタミンB1・ビタミンB2、ビタミンCなどです。これらビタミン類が不足することで、健康を害しやすくなることからも、常時食によって体内に取り入れる必要が生まれることになります。ビタミンAが不足することで起こる症状は、風邪を引きやすい体質になる上、肌荒れの要因にもなってしまいます。また多くの人が恐れる病気のガンの予防や高齢化による老化を防ぐ働きもあります。

健康で若い体作りに

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える特質をもっており、疲労回復に大きく役立っています。またビタミンB1が働くことで美肌を保つことが出来るとも言われ、女性には必須の栄養素と言われています。そしてビタミンB2は、爪や髪の発育を促進することや、ビタミンCはシワを抑えることや血管を丈夫にする働きもあります。野菜不足は体に悪いことだらけになりますので、健康な体を保ちいつまでも若くいるために、摂取に心がけましょう。

広告募集中